「江戸図屏風」 光で再現 成田空港で12日から展示

2020/3/11付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

千葉県内の自治体や企業でつくる「成田空港活用協議会」は12日から、国立歴史民俗博物館(佐倉市)所蔵の「江戸図屏風」を再現し、ライトアップした作品を成田空港に展示する。新型コロナウイルスの影響で訪日外国人が激減するなか、日本の歴史や文化に関心をもってもらい、再訪につなげたい考えだ。

江戸図屏風は、江戸時代初期の江戸市街地や近郊の景観を描いた作品。今回の展示では画像データを布に印刷し、発光ダイオード…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]