/

この記事は会員限定です

ドローン活用、誰にでも

運搬や捜索、各地で訓練

[有料会員限定]

災害救助を補う存在として、危険な災害の現場に肉薄できるドローンへの期待が高まっている。

2019年発生の台風19号では、長野県内で河川の氾濫調査のため消防のドローンが出動した。ドローンは多機能化が進み、全国各地の自治体では拡声器機能をつけて住民らに避難を呼びかけたり、物資を運搬したりする防災訓練も広がる。

ドローン製造のベンチャー企業「ロックガレッジ」(茨城県古河市)は人工知能(AI)を活用し、ド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り320文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン