/

この記事は会員限定です

交通回復、自立探る年に

復興は新段階、常磐線全通へ

[有料会員限定]

東日本大震災の発生から9年が経過した。震災と東京電力福島第1原子力発電所事故の影響で一部不通になっているJR常磐線が14日、9年ぶりに全線開通する。全長約550キロメートルの復興道路・復興支援道路などの整備も着実に進み、産業の再生も加速してきた。一方、国が復興を手厚く支援する「復興・創生期間」は2020年度が最終年度で、被災地が本格的な自立を模索する1年となる。(1面参照

3月4~10日に行っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り628文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン