/

この記事は会員限定です

ボーイング、受注9兆円失う 737MAX運航停止1年

部品作る日本勢、業績影響

[有料会員限定]

米ボーイングの小型機「737MAX」のエチオピアでの墜落事故から10日で1年。その直後から各国の航空当局が相次ぎ運航停止に動き、この間に約900億ドル(約9兆2000億円)相当の受注が失われた。運航再開の時期はなお不透明で、部品メーカーの業績も圧迫している。日本勢が期待する次世代中型機「NMA」の開発計画にも暗雲が垂れこめており、影響は長期化しそうだ。

737MAXはボーイングの商用機の7割を占め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1689文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン