/

この記事は会員限定です

聖火出発式、無観客で

組織委検討 沿道観覧も自粛要請

[有料会員限定]

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会と福島県が新型コロナウイルスの感染拡大を受け、聖火リレーの出発式を無観客で開く方向で検討していることが10日、わかった。会場では多くの人が密集する恐れがあり感染リスクが高まるため、招待客らに限定して実施する考えだ。

出発式は3月26日に福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)で開催される。最初の聖火ランナーは、11年のサッカー女子ワール...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り359文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン