/

この記事は会員限定です

アルゴリズム取引、為替急変に拍車

[有料会員限定]

9日の外国為替市場で急速な円高・ドル安が進んだことで円の対ドルの年間値幅は10円を上回った。2019年(8円30銭)よりも大きくなった。為替市場での荒い値動きの要因として、市場では電子取引の普及も指摘されている。

コンピュータープログラムが売買を繰り返す「アルゴリズム取引」は株式市場で普及したが、為替取引でも伸びている。

仕組みは様々だが、例えば円を売ってドルを買っていた投資家が「前日の終値より何...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り305文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン