筑波大発スタートアップ、自動運転車いす 実験 まずサ高住で

2020/3/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

筑波大学発スタートアップのピクシーダストテクノロジーズ(東京・千代田)は車いすの自動運転の実証実験を本格化する。市販の電動車いすに取り付けて自動運転を可能にする装置「xMove(クロスムーブ)」を開発。介護施設運営のシルバーウッド(千葉県浦安市)が運営するサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)で実証実験し、実用化をめざす。

クロスムーブを電動車いすに搭載すると、車いすの利用者がボタンやスマートフォ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]