/

この記事は会員限定です

九州・沖縄、M&A増続く 昨年217件

事業承継にも広がり

[有料会員限定]

九州・沖縄に本社を置く企業が関わったM&A(合併・買収)は、2019年が前年から10%増の217件だった。3年連続で過去最高を更新した。大型案件では既存事業の強化や事業領域の拡大を図る企業が目立った一方、事業承継のための案件も広がっている。

M&A助言のレコフ(東京・千代田)がまとめた。集計には資本参加や事業譲渡を含んでいる。

金額が最も大きかったのは野村ホールディングスと米投資ファンドによるオリオンビール(沖縄県浦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り365文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン