/

この記事は会員限定です

経団連「女性副会長」見送り

4氏内定 候補者数など制約多く

[有料会員限定]

経団連の中西宏明会長は9日、新任の副会長人事を発表した。みずほフィナンシャルグループの佐藤康博会長(67)、三井不動産の菰田正信社長(65)、三井住友フィナンシャルグループの太田純社長(62)、三井物産の安永竜夫社長(59)を内定した。新たな布陣でデジタル革新を推進していくが、多様性の象徴として検討してきた女性副会長の起用は見送った。

4氏は6月2日の定時総会で正式に就任する。任期は2期4年となる。

新体制では、昨年副会長に就いた三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の平野信行会長(68)を含めメガ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り549文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン