11日、春季労使交渉の集中回答日
変わる雇用働き方に重点

2020/3/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2020年の春季労使交渉が11日に集中回答日を迎える。主要企業が労働組合の要求に一斉回答する。かつては基本給を引き上げるベースアップ(ベア)の多寡が議論の中心だったが、近年はデジタル化などによる産業構造の変化を背景に、交渉の力点や手法に変化が見られる。賃金改善だけでなく、働き手の状況に応じた環境や制度の整備を巡る議論が活発だ。新型コロナウイルス対応も急務となっている。

「日本の仕組みをかなり見直…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]