産油国協調、崩壊の瀬戸際
OPEC減産強化案、ロシアが拒否

2020/3/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ウィーン=岐部秀光】石油市場の「新カルテル」とも呼ばれた石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟国の協力体制が崩壊の瀬戸際にある。6日開いた「OPECプラス」(きょうのことば)でサウジアラビアが提案した日量150万バレルの減産強化案をロシアが拒否し、決裂した。ニューヨーク原油先物は3年7カ月ぶりの安値を付けた。相場下支えの枠組みが崩れ、産油国の政治が混乱するリスクもある。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]