「一億三千万人のための『論語』教室」高橋源一郎著 2500年前の講義、現代風に再現

2020/3/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中国の思想家、孔子の教えをまとめた「論語」は学校の授業で習うこともあり、日本人にもなじみ深い。40歳を不惑、50歳を知命と呼ぶのも「論語」に基づくものだ。もっとも、作家の高橋源一郎氏によれば「一筋縄ではいかない本」という。様々な解釈があるし、そもそも孔子が全部を語っていないからだ。

そんな「タカハシさん」が現代語訳に取り組んだ『一億三千万人のための『論語』教室』が売れている。2019年10月末の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]