非正規の声 映す労組へ

2020/3/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

同一労働同一賃金のルールを定めるには、労使協議で合意を得ることが前提だ。労働者代表として交渉する労働組合が正社員中心では、非正規の従業員の声は十分、反映されにくい。労組自身も変化が求められている。

正社員向けの手当や派遣社員の待遇を決める交渉の前面に立つのは労組だ。「労組の合意なく不利益となる変更をした場合、裁判で無効になる可能性がある」(菅氏)。正社員より身分が不安定なことが多い非正規の従業員…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]