「仕事と対価」に入念な点検
同一労働同一賃金、来月から 基本給や手当 整理進む

2020/3/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

4月から始まる正規と非正規の従業員の間で不合理な格差を禁じる「同一労働同一賃金」ルールの施行を前に、大企業が対応に追われている。正社員や派遣社員の雇用状況や待遇、各種の手当てなどを確認したり見直したりする過程で、様々な問題が浮かび上がっている。労務トラブルを防ぐためにも「仕事と対価」の入念な点検が必要になっている。(世瀬周一郎、山岡亮、渋谷江里子)

「この手当A、手当Bとは何ですか」

企業の労務…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]