/

この記事は会員限定です

米、9000億円投じ感染抑制

新型コロナ、議会が予算増額 治療薬開発・マスク供給

[有料会員限定]

【ニューヨーク=大島有美子】米国が新型コロナウイルス対策に本腰を入れ始めた。米議会下院は4日、ワクチン開発や中小企業支援などにあてる83億ドル(約9千億円)の追加予算案を可決した。米経済は全般的には堅調に推移するが、カリフォルニア州が同日非常事態宣言を出すなど新たな動きを受け、製造業や観光業で先行きを懸念する声も出ており、米政府は感染の抑制に注力する。(1面参照

下院歳出委員会のニタ・ロウイ委員...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り768文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン