/

この記事は会員限定です

銀行融資伸び悩み 1月7県で減少

不動産向け需要一巡 投資手控え、鈍化長期化も

[有料会員限定]

銀行融資の伸びが鈍っている。都道府県別にみると1月は奈良県や山形県など7県が減少し、一時は3%台だった全国ベースの伸び率も2.2%まで下がった。大規模な金融緩和政策の導入から約7年になり、企業の資金需要が一巡したとの見方が出ている。足元では新型コロナウイルスによる感染拡大の影響が影を落とす。銀行は超低金利で融資の拡大に慎重だ。

日銀の統計によると1月の融資残高は青森、秋田、山形、静岡、奈良、山口、佐賀...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1008文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン