/

この記事は会員限定です

〈ここで歩む〉被災地に遊び場作り

岩手・陸前高田に移住、宮本妃菜さん

[有料会員限定]

「なかなか聞かなかった子どもの声が聞けてうれしい」。近所の大工が上機嫌で遊具を作っていった。岩手県陸前高田市の山あいにある「坂ノ下ひみつきち」。兵庫県宝塚市出身の宮本妃菜さん(27)が梅や杉の木が並ぶ斜面を遊び場に変え、2018年から子どもたちを集めて遊ぶ会を開いている。

13年1月、成人式で再会した小学校時代の旧友に「東日本大震災の直後から、被災地にボランティアで通っている」と聞いたのが陸前高田...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1172文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン