/

この記事は会員限定です

半導体製造装置 進む世代交代

インテルなど、今年投資最高に 微細化「EUV」で加速

[有料会員限定]

台湾積体電路製造(TSMC)と米インテルが2020年の設備投資を積み増し、過去最高水準に高める。韓国サムスン電子も19年比で増やす見込みだ。「EUV(極端紫外線)」を使う露光装置の登場で、10年ぶりに半導体の製造プロセスの世代交代が起きているからだ。新型コロナウイルスが投資意欲に水を差す恐れはあるが、装置メーカーの優勝劣敗が加速しそうだ。

TSMCは20年の設備投資を最大160億ドル(約1兆70...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1485文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン