/

この記事は会員限定です

75歳以上実車試験、22年メド 免許更新の基準が焦点

対象は年10万人超か/複数回の受験可能に

[有料会員限定]

道路交通法の改正案が3日、閣議決定された。高齢ドライバーによる事故対策として、75歳以上で一定の交通違反をした人に免許更新時の運転技能検査(実車試験)を課す。2022年をメドに導入する予定で、試験の内容や合格基準が焦点になる。「あおり運転」への罰則強化や、客を乗せて運転するのに必要な第2種免許の受験資格要件の緩和も盛り込んだ。

実車試験を始める背景には、高齢者の操作ミスによる事故の多さがある。19...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1142文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン