/

この記事は会員限定です

創作活動、問われる持続性

新型コロナで公演中止 打撃

[有料会員限定]
<訂正> 3日付朝刊文化面「創作活動 問われる持続性」の表で、びわ湖ホールの説明「7、8日、ホール主催のオペラ『神々の黄昏』上演中止」が脱落していました。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、音楽・演劇の公演中止や文化施設の休館が広がっている。出演者や作家にとって収入減は創作活動に関わる死活的な問題だ。安全管理と事業継続をどう両立させるのか。未曽有の危機を前に、日本の公演・展示文化の構造問題が浮かびあがる。

人気音楽ユニットのPerfume(パフューム)は2月26日夜の東京ドーム公演を取りやめた。告知したのは開演の3時間半前。政府が出した文化イベン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1815文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン