/

この記事は会員限定です

リーガルテック普及へ 大企業8割 活用前向き

契約書作成・効率化に期待

[有料会員限定]

テクノロジーを使って法務の課題解決を目指す「リーガルテック」の普及が進みそうだ。企業法務・弁護士調査では大企業の8割が活用に前向きで、契約書のチェックや管理の効率化などに期待がかかる。新規参入や事業者間の連携が進むほか、サービスに求められる水準も高まる見通しだ。

(児玉小百合)

「担当者ごとの使い方や考え方のばらつきを減らせる仕組みがほしい」

契約書点検サービスを手掛けるリーガルフォース(東京・千代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1274文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン