/

この記事は会員限定です

細胞へのくっつきやすさ SARSの10~20倍

新型コロナのたんぱく質

[有料会員限定]

米テキサス大学と国立衛生研究所(NIH)のグループは、新型コロナウイルスの表面にあるたんぱく質の立体構造=写真は米テキサス大提供=を解明した。ウイルスの感染や増殖後に飛散するときに重要な役割を果たしている分子を調べられ、ワクチンや治療薬の開発に役立つとみている。

研究グループは中国で判明した新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り149文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン