真相深層金融界85万人に新試験 外貨保険に販売資格
苦情増に危機感、簡単なら「アリバイ」に

2020/2/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

生命保険業界が「外貨建保険販売資格試験」を創設する。新資格導入は約30年ぶり。外貨資産で運用する保険・年金商品は円建てに比べて利回りが高く、マイナス金利政策下で数少ない売れ筋の投資商品だ。だが、元本割れのリスクを抱え、販売する側の説明や知識の不足で契約者からの苦情が膨らんでいる。資格試験は販売正常化への第一歩となるか。

元本割れリスク

「清水プロジェクト」。新資格を金融界はこう呼ぶ。生命保険協会の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]