/

この記事は会員限定です

金融界85万人に新試験 外貨保険に販売資格

苦情増に危機感、簡単なら「アリバイ」に

[有料会員限定]

生命保険業界が「外貨建保険販売資格試験」を創設する。新資格導入は約30年ぶり。外貨資産で運用する保険・年金商品は円建てに比べて利回りが高く、マイナス金利政策下で数少ない売れ筋の投資商品だ。だが、元本割れのリスクを抱え、販売する側の説明や知識の不足で契約者からの苦情が膨らんでいる。資格試験は販売正常化への第一歩となるか。

元本割れリスク

「清水プロジェクト」。新資格を金融界はこう呼ぶ。生命保険協会の清水博会長(日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1333文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン