コマツ、来期業績に暗雲 鉱山機械販売が急減/新型コロナ問題

2020/2/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

コマツを取り巻く経営環境が厳しさを増している。石炭市況悪化による鉱山機械の販売急減に、世界最大の建設機械市場を覆う中国のコロナウイルス問題が重なるためだ。コマツのライバルである米キャタピラーの販売データからは、頼みの米国市場失速というリスクもある。

「今は米国一本足打法みたいな状態だ」(コマツの堀越健・最高財務責任者=CFO)。2019年4~12月期決算は売上高が前年同期比9%減、営業利益は30…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]