/

この記事は会員限定です

CATL、生産能力4倍に

車載電池、4000億円で増強

[有料会員限定]

【広州=川上尚志】中国の車載電池最大手、寧徳時代新能源科技(CATL)は26日、最大260億元(約4千億円)を投じ電池の生産能力を増強すると発表した。中国内で新たに4つの電池の生産拠点を拡張・新設し、生産能力を現状に比べ4倍程度に増やす。米テスラなど世界の電気自動車(EV)大手に電池の供給を広げる計画で、生産体制の整備を急ぐ。

車載用や蓄電用として使うリチウムイオン電池の生産拠点を増強する。本社が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り500文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン