余ったマスク「国が備蓄」 増産呼びかけで首相表明

2020/2/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

安倍晋三首相は26日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて品薄状態が続くマスクの増産に関連し「もし余った場合は、備蓄として国が責任を持つ」と明らかにした。国民民主党の玉木雄一郎代表への答弁。国内の主要メーカーは政府の呼びかけに応じ、24時間体制でマスクを増産している。

中小企業を中心にマスクを増産した後に…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]