/

この記事は会員限定です

LIBORの後継指標、QUICKが公表主体

[有料会員限定]

2021年末に公表が停止される見込みのロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の後継指標をめぐり、日銀が事務局をつとめる検討委員会は26日、新しい金利指標の参考値の公表主体にQUICKを選んだと発表した。今春にも参考値の公表を開始し、21年半ばにも確定値の公表を目指す。

QUICKが算出するのは「ターム物リスクフリーレート(RFR)」と呼ばれる指標だ。銀行同士の取引金利である無担保コール翌日物金利のス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン