主回転翼、機体に接触か 福島ヘリ不時着 運輸安全委が指摘

2020/2/26付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

運輸安全委員会は26日までに、福島県郡山市で1日、臓器移植用の心臓を運んでいた県警航空隊のヘリコプターが不時着した事故=写真=に関し、飛行中にメインローター(主回転翼)が機体後部に接触し、コントロールを失ったとみられると明らかにした。

接触により、機体を安定させる機能があるテールローター(後部回転翼)に動力を伝える「ドライブシャフト」と呼ばれる部品が破…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]