春秋

2020/2/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

84年前のこの日の早朝、2人の「和子さん」が軍人の放つ銃弾のなか、命の危険に身をさらしていた。1人は吉田。戦後に首相となった茂の三女である。当時20歳。祖父で伯爵の牧野伸顕と神奈川県の湯河原にいて、祖父を逃す際、顔を何発も弾がかすめたと証言した。

▼もう1人は渡辺。陸軍教育総監の次女だ。東京・荻窪の私邸で、父親が撃たれ切りつけられて絶命するまでの間、同室の座卓の下に身を隠していた。小学校3年である…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]