/

この記事は会員限定です

地域のイベントなど参加「関係人口」 国交省が初推計

三大都市圏では2割の1080万人

[有料会員限定]

国土交通省は日常の生活圏や通勤圏以外に、特定の地域を継続的に訪れる「関係人口」の推計を初めてまとめた。三大都市圏では約1080万人(18歳以上)に上り、趣味やイベント参加、街おこしといった関わり方があった。同省は人口減少社会での地域の担い手として重視しており、2020年度に全国規模の調査も実施して実態把握をさらに進める。

人口減や高齢化で地方の街づくりの担い手が不足するなか、定住人口の増加や観光...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り399文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません