/

この記事は会員限定です

石炭火力輸出の支援要件議論へ

環境相が問題提起

[有料会員限定]

小泉進次郎環境相は25日、石炭火力発電の輸出を支援する要件の見直しについて議論を始めると関係省庁で合意したと発表した。高効率で環境への影響は比較的低いと主張する日本の石炭火力政策に国際社会からは批判が出ている。小泉氏は政府内での議論の開始を通じ、世界各国へのメッセージとしたい考えだ。

政府は二酸化炭素(CO2)の排出量が多い石炭火力の中でも高効率な設備なら輸出を促す方針をとる。環境省は支援要件の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り989文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン