日経平均、一時1000円超下げ 新型肺炎
市場、世界で不安定

2020/2/25付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

世界の株式市場が不安定さを増している。連休明けの25日の東京株式市場では日経平均株価が大幅に続落し、下げ幅は一時1000円を超えた。前日の米市場でもダウ工業株30種平均が1000ドル超下落するなど、欧米の主要株価指数が急落した。新型肺炎の感染拡大が中国以外のアジアや欧州に波及し、世界経済への悪影響に対する懸念から運用リスクを回避する売りが広がっている。…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]