NY株一時990ドル安 新型肺炎、世界経済へ影響警戒

2020/2/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ニューヨーク=宮本岳則】24日の米国株式市場はダウ工業株30種平均が続落で始まり、下げ幅は一時990ドルを超えた。2018年2月以来の大きな下げとなった。アジアや欧州の株安が米国にも連鎖した。中国以外でも新型コロナウイルスの感染が拡大し、実体経済への影響が警戒された。投資家はリスク回避姿勢を強め、安全資産とされる金や米国債に買いが集まっている。(関連記事総合・経済面に

米国東部時間午前10時…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]