感染拡大地域、軽症者は自宅療養 新型肺炎基本方針案

2020/2/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、政府が国内でのさらなる感染拡大に備えて策定を進めている基本方針案の概要が24日、政府関係者への取材で分かった。感染が拡大した地域の医療機関では重症者に特化して治療を行う。軽症者には自宅での療養を求め、電話などを使った遠隔診療で処方箋を出す特例を認める。(1面参照

政府は24日、新型肺炎対策を議論する専門家会議の第3回会合を開いて基本方針案を検討した。安倍晋三…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]