/

この記事は会員限定です

ウエアラブルで治験に在宅参加 米社が今年中に

自動集計で効率化 武田は症状分析

[有料会員限定]

体に装着して生体情報を取得するウエアラブル端末を医療分野で活用する動きが広がってきた。米系企業は日本で在宅などでの臨床試験(治験)に使う。武田薬品工業はパーキンソン病患者の症状分析に活用する。日々の健康管理や病気の兆候をつかむ段階から、病気の解明や新薬開発への応用も視野に入ってきた。医療分野に深く入り込むことで、データの精度を確保する法整備が課題になる。

米医薬品サービス・調査会社の日本法人、IQVIAジャパ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1519文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン