/

この記事は会員限定です

水素供給 コスト減進む

日本製鋼所、割安なタンク 旭化成、大型の発生装置

[有料会員限定]

二酸化炭素(CO2)を出さないクリーンエネルギーである水素。その製造や運搬を支えるインフラ機器の開発が相次いでいる。日本製鋼所は低コストの貯蔵容器を国内外で販売する。旭化成は2025年にも大型の水素製造装置を発売する。水素は次世代エネルギーの一つとして期待されているがコストの高さが普及の壁になっている。課題解決に向けてインフラが果たす役割は大きい。

原子力発電用の圧力容器で世界に知られる日本製鋼所。いま注力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1237文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン