バス路線を共同経営
政府「運賃プール制」解禁へ 地方交通網を維持

2020/2/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

複数のバス会社による路線の共同経営が可能になる。政府は法改正を通じて、運行本数などに応じて各社に運賃収益を再分配する「運賃プール」制度を認める。バス会社の経営環境は人口減で厳しくなる一方、再編の動きはすぐには進まない。合併まで踏み込まなくても経営を効率化できるようにして、地方の交通網の維持につなげていく。

政府は3月上旬にもバス路線の共同経営が可能になる独占禁止法の特例法案を閣議決定する予定だ。…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]