/

この記事は会員限定です

24日 中国、全人代延期を決定へ

新型肺炎 主要政策足踏み

[有料会員限定]

中国共産党の習近平(シー・ジンピン)指導部は24日、北京で3月5日に開幕する予定だった全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の延期を正式に決める。その年の経済や外交の主要政策を打ち出す重要会議だが、全土でまん延する新型コロナウイルスによる肺炎の封じ込めを優先することにした。1998年以降、同日の開幕が慣例だった全人代の延期は異例の事態。死者が2000人を超えた新型肺炎は中国の政治日程の混乱に発展し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1309文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン