春秋

2020/2/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国会議員や弁護士たちは、胸に独特のデザインの記章をつけ、仕事にのぞむ。職業への誇りや使命感の証しであろう。実は、検察官にもあり、通称、秋霜烈日バッジなんて呼ばれている。国語辞典を引くと、刑罰や威力がきびしく、ごまかしを許さないさま、とあった。

▼70年前に決まり、形が霜と日の組み合わせに似ることから、厳正な検事の職務とその理想を示すとして、当の四字熟語で呼ばれるらしい。ところが、その烈日に最近、少…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]