シェアエコノミーに新風 民間・自治体サービス続々
「別荘」で地域と交流/キックボードで街回遊

2020/2/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

モノの共有から始まったシェアリングエコノミーで新たなサービスが広がっている。地域住民と交流が図れる別荘タイプのシェアハウスが登場したほか、自治体もシェアサービスを行政サービス拡充につなげている。個人のスキルの共有も拡大しそうで、シェアが暮らしに浸透している。

「都会と地方双方に関係する人口を増やしたい」――。スタートアップ企業のアドレス(東京・千代田)は2019年4月、定額で全国各地に自由に滞在…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]