/

この記事は会員限定です

中学受験「落ちた」が糧に あくまで通過点、長い目で

中学受験カウンセラー 安浪京子氏

[有料会員限定]

私立中や国立中、公立中高一貫校などの2020年度の入試が一段落した。中学受験では「第1志望校に合格するのは3割」といわれるなど、子供の頑張りが必ずしも報われるとは限らない。合否が出そろった今の時期、親は将来を見据えてどう向き合うとよいか。子供のサポート法などを中学受験カウンセラーの安浪京子氏に聞いた。

――結果が希望通りでなかった時、親はどうすればよいでしょうか。

「不合格すなわち失敗ではない、と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1519文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン