/

この記事は会員限定です

<法トーク>メールから不正暴くAI

FRONTEO副社長 池上成朝氏

[有料会員限定]

データ解析のFRONTEOは人工知能(AI)で社員のメールを分析し、不正リスクを検知するサービスを提供している。池上成朝副社長は「1つのメールからハラスメントやコンプライアンス(法令順守)、独占禁止法違反など複数のリスクを調べたいという企業が増えている」と話す。セクハラやパワハラ、働き方改革などに逆行する行為が社内で起きていないかをあぶりだすのが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り168文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン