/

この記事は会員限定です

<企業法務 弁護士調査から>技術移転など知財問題

中国のルール改善に期待

[有料会員限定]

米中貿易摩擦で焦点になった中国の知的財産権保護を巡るルール整備の動きが活発だ。中国では1月、外国企業による対中投資を促す外商投資法が施行され、技術を巡る契約条件も見直された。一部で急ごしらえな点が残っており、日本企業からの関心も高い。

日本経済新聞社が昨年11月に実施した「企業法務・弁護士調査」で企業の法務担当者と弁護士に期待する知財保護の政策を聞いた。

注目する知財保護の政策をみると企業、弁護士...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り554文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン