遊遊漢字学身の程知らずな王たち 阿辻哲次

2020/2/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

自分のまわりにある狭い範囲の中だけで地位や権力を誇ったところで、世間からは物笑いのたねになるだけだ。古今東西どこにでもいるそんな人物のことを、日本語では「井の中のかわず」といい、中国では「夜郎自大(やろうじだい)」と表現した。

「夜郎自大」を訓読すれば「夜郎みずからを大とす」となり、「夜郎」とは前漢時代に今の貴州省もしくは雲南省にあったとされる国だが、それが四字熟語の中で不名誉な国として使われる…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]