交遊抄柔らかな大阪弁 門井慶喜

2020/2/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ミステリ作家・有栖川有栖さんとの出会いは14年前。場所は出版社のパーティーで、編集者に紹介されて……作家どうしの出会いとしては平凡きわまる次第だが、編集者もたぶん大した思惑はなかっただろう。

おなじ関西在住だし、おなじ大学の出身だし、書くものの傾向もおなじだし、くらいの意図(私はミステリでデビューした)。有栖川さんは当時すでに大家であり、こちらは新人だったから、緊張のあまり会話のなかみは記憶して…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]