マネー研究所セレクション新型肺炎と日経平均 「VI」に先行きのヒント

2020/2/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスで工場の操業休止や見本市の開催断念など、日本企業の経済活動に影響が出ています。日経平均株価は1月27日に今年最大の下げ幅(483円67銭)を記録し、2月3日には約3カ月ぶりの安値となる2万2971円94銭をつけました。訪日外国人の消費を見込んでいた衣料品や化粧品、テーマパークなどの銘柄が軟調です。投資家たちは今後の日経平均の値動きをどう捉えているのでしょう。

手掛かりの一つが「…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]