/

この記事は会員限定です

植木・盆栽の輸出2割減

昨年、縁起物のイヌマキ 中国向け停止響く

[有料会員限定]

植木や切り花など花きの輸出額が2年連続で減少した。財務省の貿易統計によると、2019年は101億7000万円で、18年に比べ2割少ない。全体の6割を占める中国向けが減少したほか、2位のベトナム向けも半減した。輸出の大半を占める植木・盆栽だけでなく切り花も伸び悩む。新型コロナウイルスの感染拡大の影響も出始めている。

最大の輸出先である中国向けは69億4000万円と前年から5%(3億8000万円)減っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1077文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン