ソフトバンクG向け協調融資、外銀主導で
邦銀、残高上限に迫り及び腰

2020/2/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ソフトバンクグループ(SBG)による最大5千億円の資金調達で、クレディ・スイスとJPモルガン・チェースが協調融資を仕切った。これとは別に邦銀を中心とした3千億円規模の融資案件は膠着した状況が続いている。SBG向け融資では欧米勢が存在感を高める一方で、邦銀は与信額が内規の上限に達しつつあり、簡単には融資に踏み切れないでいる。

SBGは今回の資金調達の目的を「一般的な事業資金や手元資金を拡充するため…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]