/

この記事は会員限定です

ファミマ、社員の15%希望退職 「黒字リストラ」コンビニも

[有料会員限定]

大手企業による中高年の早期・希望退職者の募集が相次いでいる。ファミリーマートは3月末で、全社員の約15%に相当する1025人が退職する。2019年は上場企業の希望退職者が6年ぶりに1万人を上回ったものの、実施企業の約6割で最終損益が黒字だった。経営体力のあるうちに人員構成を見直し、将来の構造変化に備える動きは製薬業界などで目立ったが、コンビニエンスストアにも広がっている。

ファミマが40歳以上の約3200人を対象...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り665文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン