/

この記事は会員限定です

食品ロス 一緒に減らそう 高知のWith

期限間近品にシール→集め景品 イズミなど5社と

[有料会員限定]

四国で食品廃棄ロスを減らそうという試みが成果を上げ始めた。小売業のインターネット広告を制作するWith(ウィズ、高知市)は消費期限が迫った商品に独自のシールを貼り付け、その商品の購入者に景品が当たる仕組みを開発、イズミなど広域展開のスーパーが導入した。スーパーのフジは総菜の野菜くずを使ったバイオマス発電を始めた。

ウィズの小売店を対象にした食品ロス削減の仕組みは「もぐもぐチャレンジ」。2019年に開発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り994文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン